top of page
検索
  • スタッフA

日本の教育~現状と将来~

NY大学化学・生体分子工学部門で教鞭をとられている寺岡巌先生を講師にお迎えし、「アメリカでの研究生活を通して見た日本の教育~現状と将来~」と題し講演をしていただきました。アメリカの高校では、大学の単位に換算されるアドバンスレベルの授業もとることができ、飛び級がしやすいこと、大学入学時の目安となるSATなどの問題が近年英語の試験で理系の内容やデータ分析などを問うような内容に変わってきており、理系の重要性が感じられること、理系へ進む割合が上がっていること、女性が半数はいること、AIの普及が日本より格段に進んでいること、それに対応して宿題はチートするから減らし、ミニテストを増やしているなど、これからまさに教育方針やカリキュラム編成を変えていく中で参考になりそうなお話を聞くことができました。もう少しゆっくり色々と聞きたかったです。寺岡先生有難うございました。

また、学生さんを含め大学スタッフの方も手伝ってくださり、本当に助かりました。有難うございました。









تعليقات


bottom of page